マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

保冷剤、バケツ水、全消灯…、暑さをしのぐ知恵あれこれ

2017年7月22日 11:30

 さらにBさんは、水を入れたバケツを足元においているという。

「足湯の要領で、冷たい水を入れたバケツに足をずっと浸けながら、デスクワークをしています。バケツのすぐ横に足を拭くためのタオルを置き、時々そっちに足を移しながら涼んでいます。部屋の中を通る風が濡れた足にかかると、気持ちいいんです」

テレビも室内灯も消して体感温度を下げる

 冷房を使っていても、電気代節約のために設定温度を高めにしている人も多い。自宅で仕事をすることが多い自営業のCさん(40代)は、10年くらい前から冷房の設定温度は28度に固定している。

「設定温度28度に体が慣れているので、他の場所に行くとむしろ寒いくらい。でも、普段からある程度暑い中で生活しているので、ここ数年の夏の暑さにも耐えられるようになったと思います。もちろん、小まめな水分補給は心がけています。私の場合は、スポーツドリンクをブロック状に凍らせて、それを常に口に含んでいます。ミネラル補給にもなるし、単純に冷たくておいしいです」

 また、Cさんは冷房以外の電化製品は極力電源を切るようにしている。

「パソコンで仕事をしているんですが、パソコンからの発熱がとにかく大きい。そこで、それ以外のものからの発熱をできるだけ減らすために、テレビや室内灯は全部消しています。これだけで体感的にはだいぶ涼しくなります。あと、洗濯機を回すのも気温が低い夜にして、昼間はできるだけ電気を使わないようにしています。本当は冷蔵庫も切りたいところなんですが、それをやると生活できなくなっちゃうので、泣く泣くつけています」

 多くの暑さをしのぐ方法があるが、無理して冷房を使わないというのは危険。熱中症にならないように、水分と塩分の補給は忘れずに。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。