マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FXレバ10倍規制報道で注目、ハイレバ法人・海外口座の長短所

2017年10月4日 20:00

FXレバレッジ10倍規制で法人・海外口座に注目が集まる

FXレバレッジ10倍規制で法人・海外口座に注目が集まる

 FX(外国為替証拠金取引)における証拠金倍率(レバレッジ)引き下げ案が大きなニュースとなっている。9月28日、日本経済新聞は〈FX倍率 上限下げへ〉と題し、金融庁は、現行25倍の最大倍率を10倍程度に引き下げる案を検討している、と報じた。早ければ2018年から実施される可能性が指摘されているが、FXトレーダーにとって大きな影響が出てくるのは間違いないだろう。

 そうした中で注目されるのが、個人口座と異なり、依然としてハイレバレッジでトレードできる法人口座や海外口座だ。こうした口座にはどのようなメリット、デメリットがあるのだろうか。FXのカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが解説する。

 * * *
 最近、私がトレードを教えている生徒さんとお話していたらこのようなお話をされていました。

「4月にトルコリラ円がダブル底のような形で1トルコリラ=29円台にまで下落した際に2000枚のポジションを持ったので、今はスワップ金利収入だけでも毎月500万円くらいあります」と。毎月ほぼ確実に500万円が入ってくる状態で、非常にうまくトレードされていると思います。さらに、ほぼ底値で買われているので含み損の心配もほとんど無い状態です。

 ちなみに詳しく話を聞いてみると、その方は法人口座を開設してトレードをされているそうです。法人口座でトレードすると、個人口座でのトレードよりも高いレバレッジをかけることが可能で、証券会社によっては約7000円の証拠金でトルコリラ円1枚のトレードができるところもあります。

「FX」関連記事

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。