マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「専業主婦は2億円損をする」 共働きなら夫婦の生涯年収5億~6億円にも

2017年12月10日 15:00

 さらに得られるはずのお金を捨てているだけでなく、さまざまな「理不尽」に囲まれているという。

「日本の専業主婦は、“家事”をする女性ではなく、“子育て”を専業にする女性です。日本は結婚前こそ男女平等なのに、子供を産んだ途端に女性が差別を実感する社会になっている。専業主婦は子育ての責任を全て押しつけられたうえ、少しでも子供の成績や素行が悪ければ『あそこは専業主婦なのに』と責められます。そして責められたくないがゆえに、塾や習い事など、無駄なお金を使ってしまう。しかもお金を稼ぐ夫とは上下関係になるため、逆らえず、鬱屈してストレスを抱える」

 デメリットばかりが強調される専業主婦だが、もともと日本では外で働く夫の代わりに家を守り、夫に献身的に尽くす専業主婦は「良妻賢母」だと礼賛されてきた。

 実際、古くは山口百恵さん(58才)、最近では堀北真希さん(29才)が結婚とともに現役を引退して家庭に入ったことは、美談として伝えられた。冒頭の主婦も日本古来の、この考え方から苦悩するようになったのだろう。だが、橘氏は真逆の考え方を提唱する。

「日本では“専業主婦批判”が一種のタブーですが、女性が出産や結婚を機に専業主婦になるのは先進国で日本だけ。海外でも1970年代までは『男が働き、女が家を守る』が主流だったが、現在は既婚女性が働いてお金を稼ぐのは当たり前で、初対面の人の前で『私はハウスワイフ(主婦)です』と自己紹介すると白い目で見られるほど」

 世界的な少子高齢化のなか、「夫の年金が夫婦の老後を支える」というモデルは完全に崩壊したと橘氏は強調する。

「専業主婦が成り立つのはほんの一部のセレブだけで、女性も働いて稼がなければなりません。夫と力を合わせて働けば夫婦の生涯年収は5億~6億円にもなります。自分で稼げる2億円をドブに捨てて、『お金がない』と愚痴をこぼしながら宝くじ売り場に並んでいる主婦を見ると『目を覚まして!』と思います」

※女性セブン2017年12月21日号

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。