マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

再雇用・再就職での収入減を補うために知っておくべき公的制度

2017年12月27日 15:00 週刊ポスト

■高年齢再就職給付金
……仕事を変えた時の待遇ダウンをカバー

 60歳以降は別の会社への再就職も有力な選択肢となる。その際も同様の制度がある。失業給付を受給している60歳以上65歳未満の人が再就職し、給与が前職の75%未満に下がった場合、下がった後の給与の最大15%分が「高年齢再就職給付金」としてもらえる。

 注意点は、失業給付の残日数が100日以上ないと受給対象にならないことだ。

「一般的な大卒サラリーマンが定年退職した場合、失業手当は最大150日間支給される。高年齢再就職給付金を受給するには、定年退職後50日以内に再就職することがポイントです」(稲毛氏)

■高年齢求職者給付金
……65歳以上の再就職でも失業給付がある

 2017年から65歳以上が雇用保険に加入できるようになり、「高年齢求職者給付金」がもらえるようになった。65歳以上の人の失業給付といえるもので、こちらは一時金として支払われる。

 受給要件は、離職する前の1年間に雇用保険に加入していた期間が、通算して6か月以上あること。しかも、「65歳未満で受け取る失業給付と違い、年金とダブル受給できるメリットがある」(稲毛氏)のだ。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。