マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コンビニパスタを比較 コスパが良いのはペペロンチーノか

2018年1月4日 16:00

定番から変わり種まで様々な種類があるコンビニのパスタ

 コンビニで売っている弁当のなかで、特にバリエーション豊かなのがパスタだ。定番のものから変わり種まで、様々なパスタがコンビニでラインナップされている。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「大手コンビニのなかでも特にバリエーションが豊富なのがセブン-イレブンです。地域限定メニューも多いのですが、たとえばナポリタンなら定番の『大盛り!ナポリタン』(498円、税込み)のほか、こんがり焼かれたチーズが乗った『チーズ焼きナポリタン』(360円、東北、関東の一部で販売)といったメニューもあります。さらに北海道の一部限定販売ですが、ミートソーススパゲティにとんかつが乗った『道東限定!ミートスパカツ』(498円)という珍しいメニューもあります」

 セブン-イレブンのパスタを好んで食べているという20代の男性Kさんはこう話す。

「セブンのパスタは具だくさんというイメージ。ナポリタンは本当に食べごたえも十分だし、『チーズとベーコンのカルボナーラ』(398円)もソースがたっぷりです」

 一方、比較的シンプルなメニューで攻めているのがファミリーマートだ。

「定番の『ボンゴレスパゲティ』(450円)や『カルボナーラ』(398円)といったところが主力。『完熟トマトとチーズのパスタ』(430円)、『揚げ茄子とほうれん草のトマトソース』(480円)など、トマトソースのパスタに、何かひとつ具をトッピングしたシンプルなメニューが多いです」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。