マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

相鉄社員の鉄道マニア ラッセル車撮影に極寒の宗谷へ遠征

2018年2月10日 16:00

雪を蹴散らす姿がたまらないという(撮影:谷口氏)

 鉄道会社に務める鉄道ファンを取材する本シリーズ。これまで京浜急行の“乗り鉄”社員、京王電鉄の“撮り鉄”社員、東武鉄道の“模型鉄”社員にご登場いただいたが、相模鉄道(相鉄)の取材現場には2人の社員がいた。湘南台駅ほか計3駅の駅長を務める石井昌章さん(59)と、経営管理部で働く谷口清和さん(52)。この2人、取材の2週間前にも極寒の北海道でラッセル車を撮影してきたという。気温はマイナス17度──。

 1977年に相模鉄道に入社し、車掌や運転士などを経て現在は駅長を務める石井さんは、鉄道に乗るのも、鉄道を撮るのも好きな、根っからの鉄道ファン。SLが特に好きだという。SL好きのルーツは、中学生時代に遡るそうだ。

「当時はちょうどSLがなくなりそうな時代だったんです。高校生になるとアルバイトをしては北海道に行ってSLの写真を撮っていました。鉄道会社に就職すると、一時期は鉄道趣味から引いた時期もあったんですが、只見線(※注/福島県会津若松市の会津若松駅~新潟県魚沼市の小出駅)にSLが復活すると聞いて、『これは行かないとマズい!』と思い、一気に再燃しました」(石井さん)

 近年は、月に1~2回のペースで撮影旅行に出かけているという石井さん。「今は旅に行きがてら写真を撮る程度」と謙遜するものの、その腕はプロ顔負けだ。

「先々週、撮りに行った『宗谷』はJR北海道さんのラッセル車です。近年、ラッセル車の撮影がちょっとしたブームになっていて、要所要所にはファンの方がいて、SLブームのような感じになっているんです。現地ではそれで町おこしをしています」(同前)

 この趣味は、一緒に『宗谷』撮影に行った谷口さんの影響だったとか。2人は以前、本社のイベントやグッズを手がける部署で上司・部下の関係でもあった。今は部署が離れたものの“鉄道仲間”である。

 ディーゼル車をこよなく愛し、鉄道乗り歩きのために海外まで何度も足を運んだこともあるという谷口さんが、ラッセル車撮影の魅力を語る。

「同じ場所で、同じ感じで撮っても、前の日の雪の降り方、雪質、撮影時に晴れているか雪が降っているかなど、条件ひとつで撮れる写真が全然違ってくるんです。

 ラッセル車には定期(運転)と不定期(運転)があるんですが、『宗谷』は定期だという情報を知り、写真を見て『自分も撮ってみたいな』と思って撮り始めました。1~2回撮りに行って、これは面白いぞと思って、(石井さんに)一緒に行きませんかと声を掛けたんです」(谷口さん)

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。