マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ローソンは無人化、セブンは接客… 岐路に立つコンビニ戦略

2018年2月23日 7:00 女性セブン

岐路に立つコンビニ戦略(イメージ)

 人々の生活スタイルの変化や技術革新に伴い、コンビニ各社は“これから”を見据え、次々と新たな取り組みを行っている。

 例えば、ローソンは昨年10月、楽天とタッグを組んでドローン配達の試験運用を開始したほか、パナソニックと共同して、無人レジ「レジロボ」にも取り組んでいる。かごに入った商品を専用の装置に入れると、各商品についた電子タグを“ロボ”がスキャンして瞬時に精算し、後は現金かクレジットカードで支払う仕組みだ。

 大阪府守口市の「ローソンパナソニック前店」でレジロボの検証実験を行ったところ、有人のレジには客が誰も並ばず、レジロボには大行列ができたという。

 ファミリーマートもLINEと提携して、AI(人工知能)とスマートフォンを用いた無人レジ構想を進めている。『セブン-イレブン 金の法則』(朝日新書)の著者でコンビニ業界に詳しい吉岡秀子さんは、こう語る。

「今、無人レジで他社をリードしているのはローソンでしょうか。ローソンは店内のロボットがお勧め商品を教えてくれたり、無人でスマホを介して支払いが完了したりといった“未来のコンビニ像”を実験中です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。