マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

消された年金問題 現役世代も“定期便”を確認し自衛せよ

2018年4月10日 15:00

“自衛”のためには、毎年の誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」に記された「加入月数」などの欄を確認し、自身の職歴と照らして齟齬がないかを丁寧にチェックする必要がある。

 特に、基礎年金番号が導入された1997年より前から公的年金に加入していた世代は、旧・社会保険庁が国民年金、厚生年金、共済年金などを別々の番号で管理していた時代の記録が漏れているリスクが存在することを忘れてはならない。

 何より、新たに“消えた年金”の存在が明らかになったとしても、この国の総理大臣が「最後の1人まで確認して支払ってはくれないこと」を11年前の経験で我々は学んでいる。自分の年金記録が“改竄”されていないか。確認できるのは自分しかいない。

※週刊ポスト2018年4月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。