マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

しまむら都心進出へ 低価格帯ファストファッションの価格比較

2018年4月27日 16:00 マネーポストWEB

しまむらの都心進出でファストファッションの競争激化か(ファッションセンターしまむらHPより)

 これまで郊外を中心に出店していたファッションセンターしまむら(以下、しまむら)が、都心の繁華街への出展を検討しているという。さらに、ネット通販サービスへの参入も明らかとなっており、これまでとは異なる客層の開拓に力を注いでいることが分かる。

 今後は、都心を舞台に、しまむらとユニクロやGUが低価格帯ファストファッションの覇権をめぐる戦いを繰り広げることが予想されるが、それらのブランドには、どんな特色があるのだろうか。

 ユニクロは、シンプルなデザインのアイテムが基本となっており、流行を抑えたアイテムも多い。また、映画やキャラクターとのコラボTシャツなども定期的に販売される。そのユニクロと同じく、ファーストリテイリングの子会社となるのがGU。ユニクロよりも低価格なのが大きな特徴で、ユニクロに比べると商品のバリエーションは少ない。一方、しまむらはシンプルな定番アイテムだけでなく、特に婦人服では個性的なデザインの洋服も取り揃えているのが大きな特徴だ。

 それぞれ扱っているアイテムが異なるので、一概に比較することは難しいが、ここではあえて、同様の定番アイテムでその価格を比較してみたい。

 今回比較するのは、メンズ向けのクルーネック半袖Tシャツ。柄は無地で、カラーは白のもの。

 まずはユニクロ。こちらは半袖クルーネックのTシャツだけで、『ドライカラークルーネックT』、『スピーマコットンクルーネックT』、『ドライEXクルーネックT』など、素材が異なる様々な種類のTシャツがラインナップされている。その中で最も安いのは『ドライカラークルーネックT』の590円(税別、以下同)だ。また、“インナー”という扱いではあるが、『コットンフライスクルーネックT』は3枚組で990円、1枚あたり330円となっている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。