マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

高齢者、健康のための運動が不健康につながり医療費もかさむジレンマ

2018年5月28日 16:00

 また、高齢になるほど「骨」や「関節」が脆くなるため、ウォーキングやジョギングによって膝の軟骨をすり減らす可能性がある。国が推奨する階段昇降やスクワットも猫背の姿勢で行なうと、腰痛や腰の圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニアなどにつながりやすい。

 健康のためにやっていたことが“不健康”につながり、さらに医療費という無駄な出費もかさむ。このように様々なリスクがある定年後の運動は、「強度」と「時間帯」が大切だと青柳氏が指摘する。

「どんな運動にせよ、『もう限界』という運動をした時の50%ほどの強度(中強度)で、1日20分程度行なうのがベストです。また朝の時間帯は体温が低く血液がドロドロで血栓が詰まりやすいため、夕方以降、体温が高い状態で体を動かすことを勧めます」

「適度な運動」が健康につながることは間違いないので、正しい知識を身につけたい。

※週刊ポスト2018年6月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。