マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ラーメン店経営は儲からない? 高騰するコストと独立系店主の苦悩

2018年5月30日 15:00

 A氏の店ではゲンコツ、背脂、あばら骨、鶏がら、鶏油、ニンニク、ネギの葉っぱ部分を使って濃厚スープを作っているが、「工場スープ」の場合は「でかいセントラルキッチンで作っていて、使う材料は豚の頭、ないしはもうひとつ足すぐらいではないでしょうか。そこに大量の化学調味料を入れていると思います」と述べる。そしてこう続ける。

「化学調味料はすごいです。元々の素材の味があそこまで薄いのに、あの味が出せるのは化学調味料の力です。正直、自宅でも豚骨煮込んで醤油と化学調味料を入れればできるレベルだと思います。それでいてチェーン店の中には高い利益率を出しているところもあります。ウチでは到底望むこともできない利益率です……」

骨代3000円vs骨・野菜代1万5000円

 最近の東京ではA氏の店も含め、1杯が750円以上のラーメンも普通だが、原価を極限まで減らし、薄利多売を目指して500円台でラーメンを提供するチェーンも存在する。A氏はそうした店がラーメンを安く食べたい人にとって大切な存在になっていることは認めつつも「本物」を味わってもらいたい気持ちも持っているという。だが、「本物」を作るにはカネがかかるとも力説する。

「ウチのラーメンの原価は全体の34%ですが、工場スープを使えば25%ぐらいになります。それよりさらに低い某チェーンの原価は100~120円ほどと聞いたことがあります。彼らは豚の頭の骨だけ30個ぐらい使い、100リットルのスープを作れます。一方、ウチは鶏がらも含めれば100kgの材料を使い、マックスでも1日250杯(100リットル)といったところでしょう。工場スープの場合は、300杯のスープは骨代だけで3000円ほどでしょうか。ウチは250杯を作るために、骨代と野菜代で1万3000~1万5000円使っています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。