マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ラーメン店経営は儲からない? 高騰するコストと独立系店主の苦悩

2018年5月30日 15:00

 これに特注の麺の代金と具の材料費がかかっている。2017~2018年の冬は、とにかく野菜が高かった。ほうれん草やネギといったラーメンの定番野菜の値段が高騰し、産地を変えざるを得なかったり輸入物に切り替えた店もあった。また、海苔の値上がりも進んだため、等級を落とすなどして対応した店も少なくないようだ。さらに、ラーメン店運営のうえで、実はかなりの負担となるのがガス代である。A氏はこう述べる。

「店でイチからスープを作る場合、ガス代が半端ないです。おいしいスープを作ろうとしたら、とにかく火力が肝。弱火で豚骨や鶏ガラを煮込むというのはあり得ない。強力な火力でどんどん煮て、お客さんの入りなども含めてタイミングを見計らって水や材料をつぎ足していく。工場スープは温めているだけなので、それほどガス代はかかりません。きちんと作るとラーメンはイメージほど儲かるものではありません」

 長年ラーメン業界で生き残ってきたA氏ではあるが、同氏は今でも自宅に帰ることもままならぬほど日々スープ作りに魂を注いでいる。自身の人件費も考えれば、誠実なラーメン店はそれほど大儲けできるものではないかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。