中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

語学力だけじゃない 10代を海外で過ごすこれだけのメリット

【1】カネを払うことなく語学を習得できる(アメリカの場合は英語)
【2】人種の違う人がいるのが当たり前の生活ができ、余計な差別心や外国人に対する恐怖心を抱かなくなる(その一方、差別されるというデメリットはあるがそれは別の機会に)
【3】多様な食文化に触れ、美味しいものをたくさん知ることができる
【4】その国の人のメンタリティを知ることができるため、仕事でその国の人とやり取りしたり、その国について考察を述べる際に役立つ
【5】その国の人と会った場合に「この人は我が国を理解している人」という安心感を持ってもらえる
【6】その現地特有のエンタメに接したり、独自の文化に触れられる
【7】その他、その国に行ったから得られる有利な“何か”が時々ある

 他にも上げようと思えば30個ぐらいは挙げられるでしょうが、とりあえずここまでで終了。【7】についての一つは大学受験です。私はこの言葉は嫌いですが「帰国子女枠」としての入試が可能になります。多様な考え方を持つ学生を入れたい、という建前のもとにある制度ですが、多分、倍率は一般入試よりも低い。だからより上位校に行ける可能性が高まる。

 そして、アメリカの場合だと、高校の体育の授業で「運転」というカリキュラムがあります。アメリカの体育は3期に分かれていて、16歳になる年の体育は「テニス」「レスリング」「運転」などをやるのです。3か月ほど座学と実地でのドライビングを学び、いざ運転免許試験場へ。私の時代はそこで25ドルを払い試験を受け、運転免許を獲得できました。日本に帰ってきたら、この免許を試験場に持っていき、2500円を支払って日本の免許に代えてもらえます。教習所や合宿などに参加すれば30万円ほどはかかってしまうものが5000円で取れてしまうのでした。

「公共」という考え方を理解できるように

 時々「アメリカ“では”~」とひたすらアメリカを持ち上げ、日本をけなす「出羽守(ではのかみ)」みたいになってしまう人もいますが、そうはならなかった場合、自国への感謝の念も抱くようになります。それこそ健康保険やら選挙権なども含め、「自国民であること」がいかに優遇されているかを理解できるようになる。別にネトウヨ化するってことではなく、単に「その国の国民に与えられた義務と権利」ということをより考えるようになり、「公共」という考え方を理解できるようになるのです。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。