マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

人気急上昇! コンビニ3社の「コッペパン」を実測比較

2018年6月13日 15:00 マネーポストWEB

細長タイプのローソンのコッペパン

 ローソンでは、

『もっちりとしたコッペパン 北海道産小豆の粒あん&マーガリン』(130円)
『もっちりとしたコッペパン 粒々ピーナッツ』(130円)
『もっちりとしたコッペパン 練乳ミルク』(130円)
『もっちりとした黒いコッペパン クッキー&クリーム』(150円)

が販売されている。

「“もっちりとしたコッペパン”という名前がついているように、ローソンのコッペパンは弾力がある触感が特徴的です。『もっちりとした黒いコッペパン』はココア風味の黒いパンを使用しています。惣菜系ではなく、いずれも甘い“具”で揃えているのも特徴ですね」

ファミリーマートのコッペパンは種類が多い

惣菜系が豊富なファミリーマートのコッペパン

 もっとも多くの種類のコッペパンを販売しているのがファミリーマートだ。定番系では、

『コッペパン(ブルーベリージャム&レアチーズ風味ホイップ)』(138円)
『コッペパン(ダブルピーナッツ)』(130円)
『コッペパン(つぶあん&マーガリン)』(128円)
『コッペパン(イチゴジャム&マーガリン)』(120円)

 を販売。さらに、惣菜系では

『コッペパンコロッケ&たまご』(128円)
『コッペパン焼きそば』(138円)
『コッペパン焼きそば(コーミソース使用)』(138円)
『コッペパン焼きそば(関西風ソース使用)』(138円)
『コッペパンたまご』(110円)
『コッペパンハムカツ』(138円)
『コッペパンハムカツたまご(コーミソース使用)』(125円)
『コッペパンハムカツ&たまご』(135円)
『コッペパンハムカツたまご』(125円)
『コッペパンとんかつ』(210円)

 と、地域によって種類が異なるケースも含め、多くの種類のコッペパンが販売されている。

「ファミリーマートの場合は、定番系と惣菜系でコッペパンの種類がちょっと異なります。定番系はコッペパンを上下に切って断面にジャムやマーガリンを塗ったもの。惣菜系は、コッペパンの上部中央に切れ込みを入れ、そこに惣菜系の具材を入れています。このタイプは“ロールパン”と呼ばれることも多いものです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。