マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

中華ファミレス「バーミヤン」の魅力 ランチが17時までで重宝

2018年6月24日 15:00

『海老の熟成豆板醤チリソース』と『餃子・半チャーハンセット』

 気軽に中華料理を楽しめると人気のファミリーレストラン『バーミヤン』。運営するのは、『ガスト』や『ジョナサン』と同じく、すかいらーくグループだ。バーミヤンについて、外食チェーンに詳しいライターの小浦大生氏が解説する。

「バーミヤンは、2018年6月の段階で332店舗が営業しています。国内の中華料理チェーンのなかでは、フランチャイズを含めて730店舗以上を展開する『餃子の王将』や、520店舗以上を展開する『幸楽苑』に次ぐ規模。王将や幸楽苑については、都内では駅前繁華街の狭い店舗もありますが、バーミヤンの場合は、すかいらーくグループということもあってか、営業の形態はファミリーレストランのスタイル。広めでゆったりとした店舗で、駐車場付きのケースも多い。ドリンクバーもあります」

 ファミリー向けの中華料理店ということで、価格もリーズナブルだ。たとえば、餃子は6個で239円(税別、以下同)。『餃子の王将』の餃子は6個で240円(関東地区、関西地区は220円)であり、ほぼ同じ水準となっている。

「バーミヤンも王将も幸楽苑も、価格帯はほとんど変わりません。ボリューム的にもそれほど違いはありませんが、店の雰囲気やサービスは結構違います。店舗ごとの個性が強いのが王将で、バーミヤンは全国度の店舗に行っても味もサービスも変わりません。そういう意味では、王将は店舗によって好みがありますが、バーミヤンは安定感があるといえるでしょう」(小浦氏)

 そんなバーミヤンのランチメニューを頻繁に食べるというのは、30代の男性会社員Aさん。

「平日と土曜日の17時までランチをやっているので、ちょっと時間が遅くなって、昼休みの時間帯を過ぎてしまったときなどは、“とりあえずバーミヤン”となることが多いです。ライスの大盛りが無料なのもうれしいです」

 バーミヤンの「日替わりランチ」は主菜1品とライス・スープバーがついて599円。そのほか、「中華一品ランチ」として主菜が選べるランチメニューが699円で提供されている。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。