マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

カリスマトレーダー池辺雪子 億の極意

FXのトレードスタイル 為替差益とスワップ金利、どちらを狙うべきか?

2018年6月28日 20:00 マネーポストWEB

 例えばドル円相場は6月8日にいったん1ドル=109.185円(くりっく365)まで下落した後、翌週6月15日には1ドル=110.915円まで上昇しました。2万通貨の買いポジションを持っていれば3万円以上の差益となります。

 トルコリラ円相場で買いポジションを1万通貨持つと、年間で約3万3000円以上の金利が得られますが、ドル円相場でトレードしていて、109円台で2万通貨の買いを持てばそれだけで3万円以上の差益が取れたわけですから、差益狙いでトレードされる方が圧倒的に早く利益になります。

 もしくは資金に余裕のある方でしたら、金利と差益の両方を取るハイブリッド方式でトレードするのも良いでしょう。

 実際に、トルコリラ円相場で金利狙いの買いポジションを持ちながら、くりっく株の日経225やドル円、ポンド円などで差益狙いのトレードをされている生徒もいます。金利で確実に利益を得ながら、差益でも利益を積み上げ効率よく資金を増やされているということです。

 いずれにしても、ライフスタイル、性格、資金力などを考慮して、自身に合った手法を選ばれることが大切だと私は考えています。

チャートを開いて最初にすること

 では、話を変えて、1つ逆に質問をさせていただきます。あなたはチャートを開いた際、最初にどういった視点でチャートを確認しますか?

 自分が普段使っている短い足のチャートだけを確認する方も多いかもしれませんが、それはおすすめできません。大切なことは、まず始めに「相場の大きな流れはどちらに向いているのか?」を確認することだと私は考えています。

 それはどういうことでしょうか?

 一例を申し上げると、例えばドル円の月足チャートにストキャスティクスを表示させると、6月の原稿執筆時点ではまだ100%まで届いていない状況でした。このことから「ドル円相場の大きな流れは上昇方向にある」と見ることができます。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。