マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医大・歯科大の“裏口入学”の実態は? 「筆記試験だけは受かれ」の指示も

2018年7月9日 15:00

医大や歯科大の「裏口入学」の実態は?(イメージ)

 7月4日、文部科学省の局長が、医大に便宜を図った見返りに、自分の子どもを大学入試で合格させてもらったとして、受託収賄の疑いで逮捕された。医大や歯科大の入試については、コネや裏口入学が噂されることも少なくないが、本当に“ズル”はないのだろうか。首都圏のある高校を卒業した男性Aさん(40代)は、「少し前の話ですが」と断った上で、「私の周りにも何人かいました」と打ち明ける。

 Aさんの出身校は、およそ3割の卒業生が医大や歯科大に進学する私立高校。Aさんが同校を卒業したのは20年以上前だが、同級生の中には、“怪しげな形”で医大や歯科大に合格した者が何人もいたという。

「ある私大の医学部に進学したB君は、『合格発表の前に○○さんから電話があって、“補欠だけど、上の方にしておいたから”と言われた』と言っていました。○○さんというのは高校の先輩で、親族がその私大の学長をしていたため、そのような電話があったそうです。

 またある歯科大に進学したC君は、父親と祖父がその歯科大OBで、祖父はある分野の権威。そんな背景もあってか、C君が実力で進学したと思っている同級生はゼロでした。何しろC君は高校を1年留年しており、成績はほぼビリでしたから」(Aさん。以下「」内同)

 近年では推薦入試などの制度が整備されたことで、表向きはきちんと合格したように見えるケースが増えているようだが、それでもこういった例は、限りなくクロに近いグレーゾーンといえるだろう。このほかにも“手心”が加えられやすい要素があるという。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。