マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か

2018年7月11日 17:00

米中摩擦が高まる今こそ投資チャンスか?(習近平国家主席とトランプ大統領。写真:共同通信社)

 日々の経済関連ニュースだけを見ていると、“いまは投資を始めるタイミングじゃない”という印象を抱えてしまうだろう。米中が激しく対立する通商問題の行方が依然見通せず、日経平均株価は2万2000円を挟んだ展開が続いている。

 だが、投資のプロたちから見ると“今こそ仕込むチャンス”なのだという。世界の株式市場の動向に詳しいグローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏の見方である。

「米中貿易摩擦への懸念が膨らんでいますが、これはあくまで“政治ショー”にすぎません。トランプ米大統領は11月の中間選挙に向けて実績作りが必要なだけであり、中国としても経済状況が本格的に悪化すれば政権の基盤そのものを揺るがしかねない。そのため、いつまでも対立を続けることはなく、11月までのどこかのタイミングで折り合いをつけるのは間違いない。

 長期的な視点に立てば、この問題で株安となっている今のタイミングが、世界経済を牽引していくような有望銘柄を仕込む絶好のチャンスといえるでしょう」

 たしかに、今後、長期間にわたって高成長を期待されている分野がある。あらゆるモノがインターネットにつながるというIoTやAI(人工知能)の進化がもたらす「第4次産業革命」に関連した技術を持つ企業群だ。戸松氏はこう分析する。

「カギとなるのが『3D-NAND』という高性能半導体です。これによってマイクロチップでこれまでとは比べものにならないほどの高速処理が可能となり、次世代の技術を下支えするのです」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。