マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か

2018年7月11日 17:00

 加えて、日本企業の「稼ぐ力」がたしかなものであることは、主要企業の決算からも読み取れる。日経新聞の集計によると、上場企業の2018年3月期の純利益は前期比35%増と2年連続で過去最高を更新。とりわけ顕著なのは電機や自動車業界で、トヨタ自動車や日産自動車、ホンダが相次いで過去最高益を更新した。最高益の企業が全体の3割を占めたというのだから、いかに力強い決算だったのかがよくわかる。

 今期(2019年3月期)は原油などの資源高や米中貿易摩擦への懸念などから現時点では全体で前期比2%の減益予想とされているが、これはあまりに保守的な見通しだという。

「通期予想の前提となる想定為替レートを1ドル=105円の円高水準とする企業が多いが、110円台にある実勢とは距離があり、このままなら円安にブレた分の為替差益の恩恵で上方修正が相次ぐことが予想されます」(マーケットバンク代表・岡山憲史氏)

 基本的に為替レートは金利差によって動くことが多く、金利の高い通貨ほど買われる傾向にある。日本の超低金利が続く中、米FRB(連邦準備制度理事会)が利上げ、欧州中央銀行(ECB)も金利正常化に向けた動きを見せるなど、日本と米欧の金利差は拡大している。円安が進む素地は整っており、それが日本企業の追い風となる可能性も高まっているといえるだろう。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。