マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定年後のお金の幸福な引き出し方 「まとめて」か「ちょい出し」か?

2018年8月2日 16:00

 資産の増減に合わせてお金を引き出すため、「身の丈」に応じた暮らしになることも特徴の一つだ。

「引き出しを定率にすると、運用がうまくいっていないときは少ない引き出し額の範囲内で収まる生活をする必要に迫られ、無駄遣いを減らして生活のダウンサイジングを実践していくことになります」(家計の見直し相談センター代表の藤川太氏)

 ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏はこう指摘する。

「生活のダウンサイジングや支出の見直しに抵抗を覚える人は多いですが、生活資金を資産の『定率』で引き出しすることによって毎月の上限額が少しずつ変わることをゲーム感覚で楽しんでやってもいいのでは」

 例えば、毎日の食事や買い物にクーポンを利用したり、公共交通機関を利用する際は回数券を利用する、さらには家庭菜園で収穫した野菜を売るなど、ダウンサイジングのやり方は様々ある。こうした工夫を重ねていくなかで、“どうやってお金を引き出すか”も大切になってくる。

 近年、現金よりもポイントのつくクレジットカードがお得、という情報が報じられることが多いが、必ずしも現金が悪いというわけではない。

 むしろ重要なのは「月に一度、まとめておろす」と「必要に応じて小刻みにおろす」という2通りから、どちらを選ぶかだという。経済評論家の荻原博子氏が推奨しているのは「一度にまとめておろす」だ。

「月に一度、キャッシュカードでおろした金額だけで過不足なく生活する。それをやるためには、おろす際に使い道がかなり明確になっている必要があります。このおろし方を続けることで、資金管理がきちんとできるようになってきます。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。