マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

突然人気となった「ご長寿投信」 何が凄いのか?

2018年8月24日 7:00

 ただし“長寿”だからといって、資産を殖やせるとは限らない。

「そもそも長生きしている商品だからといって、これからも元気であり続ける根拠にはなりません。運用成績だけで見れば、日経平均の騰落率を下回る長寿投信もある。設定からの年月の長さは下落リスク確認の指標にはなりますが、リターンを予測する材料にはなりにくい。高いパフォーマンスを期待するなら、投資先の分析や騰落率の評価が優先されるでしょう」(同前)

 それを踏まえたうえで、長寿投信の選び方について前出・篠田氏はこうアドバイスする。

「景気が下落局面の時にどれだけ踏みとどまっているかを判断する際には、比較対象のファンドを間違えないことに注意が必要です。同じ長寿投信であっても、日本株中心のファンドと、騰落が激しい新興国ファンドの運用成績を比べても意味がありません」

 先に触れた日経新聞の記事には「残高増加ランキング」の上位5本が掲載されているが、新興国株式投資を中心とした商品もあれば、日本国内の成長産業(高齢者関連事業)に投資する商品もあり、その“性格”は全く違う。

 亀の甲より年の功──そんな長寿投信の強さを知れば、老後マネー運用に新たな選択肢が増えるかもしれない。

※週刊ポスト2018年8月31日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。