マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

専業主婦の年上妻 若い世代だと年金「振替加算」はもらえない

2018年10月24日 15:00

 振替加算はもともと、年下妻の場合に(夫が)もらえる加給年金が「妻65歳」になって打ち切られると、妻の年金に振り替えて加算される仕組みだ。実はこの振替加算は、年齢によって「年上妻」でも受け取れるのである。

 昨年、公務員の妻ら10万人以上について振替加算が合計598億円も支給漏れになっていることが発覚。厚労省が“身内”の役人にさえ支給ミスするほど複雑な制度と言える。

 振替加算の金額は妻の年齢が高いほど多く設定されており、例えば現在75歳の妻なら年間約12万円、現在70歳の妻なら同9万円、現在65歳の妻なら同6万円などとなっている。妻が年上であればあるほど、不利をカバーできる幅も大きいのだ。

 ただし、妻が現在52歳以下になると、この額はゼロになってしまう。妻が年上の場合、夫婦の世代が若ければ“損”は免れられない。

※週刊ポスト2018年10月26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。