マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

孫正義氏が経団連会長になったら何が変わる? 春闘廃止、週休3日制も

2018年11月9日 7:00 週刊ポスト

「週休3日制」の実現

 安倍政権が旗を振る「働き方改革」の内容もまったく違うものになる。孫氏の描く働き方を表わす、象徴的な話がある。

「社員の英語教育を実施する際に、楽天では“TOEICで最低650点以上、役員は800点以上”という基準を設けた。一方、ソフトバンクでは“TOEIC900点で報奨金100万円”というやり方を取った。尻を叩く楽天に対して、孫氏はいわば社員に“ニンジン”をぶら下げた。社員のやる気を生かす手法をとり、結果までのプロセスは問わないのです」(前出・関氏)

 元ソフトバンク社長室長で孫氏の側近だった、多摩大学客員教授の嶋聡氏はこんな言い方をする。

「孫氏の関心はいま、AIやロボットに向いています。額に汗かく仕事はロボットに任せ、人間は経営や戦略、マネジメントに専念する。それが彼が思い描く働き方改革です。社員にはよりクリエイティブな仕事を任せるということです」

 ソフトバンク傘下のヤフーでは、既に「週休3日」の選択制度を導入している。ロボットが代替してタスクを減らした先には、「週休3日制」の実現の構想を練っているかもしれない。

※週刊ポスト2018年11月16日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。