マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

株を買う側が買われる立場に ひふみ投信運用会社、新規上場の勝算は

2018年12月4日 17:00

 同社株の想定発行価格は2010円、12月6~12日のブックビルディング(申込)期間を経て13日に公開価格が決定される。気になるのは25日の上場初日につける初値がどうなるかだろう。経済ジャーナリストの和島英樹氏はこんな見方をする。

「11月27日の説明会で藤野社長が語ったように、同社のファンドには投資家の積み立て投資によって毎月、推定60億円の資金が継続的に入ってきており、今後も順調な成長が期待できます。ただ、IPO時に人気化するかとなると話は別。一般の投資家には『なんでファンドが上場?』という印象があり、製造業のようなわかりやすい成長イメージが描きにくい。またソフトバンクの大型IPOに資金が集中することで需給が悪化するという見方もあります。

 それでも、その時の地合い次第ですが、ひふみのファンがレオス株を買うことも予想され、また年内のIPOはレオスが最終案件ということもあって、初値が公開価格の15~20%上昇というのはあってもおかしくない。一方で値崩れは考えにくいのではないでしょうか」

 では、上場後の株価の値動きはどうなるか。

「その後の株価推移については、ソフトバンクのIPOがカギを握るかもしれません。通信子会社が上場することで、親会社のソフトバンクグループは投資会社とみなされ、通信セクターから証券・商品セクターへと移ります。証券・商品セクターに巨大な銘柄が誕生することで機関投資家などは投資対象のリバランスが必要となり、同セクターへの注目度が高まります。それに伴って運用会社であるレオス株にも注目が集まれば、中長期的な株価上昇も期待できるかもしれません」(同前)

 日本株を中心に運用してきた同社は今後、「世界株」、さらには「未上場株」の運用を見据えているという。上場を果たし、株を買われる立場になった藤野氏がさらなる拡大路線でどう腕を振るうのか、注目が集まっている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。