マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続税対策の皮肉な現実 生前贈与していた独身の子が先に亡くなると…

2018年12月11日 15:00

俺が築いた財産が婿の実家に…

 かといって、もし、孫がいなければ、「逆縁相続」が待っている。相続に詳しい税理士の西津陵史・ゆい会計事務所代表が解説する。

「生前贈与は多くの人が行なっている相続税対策の代表的な手法ですが、独身の息子が先に亡くなった場合はAさんが贈与した財産を、そっくり息子の遺産としてCさんが相続することになります。その結果、Aさんは相続税対策をしなければ納める必要がなかった“自分の財産への相続税”を支払わされるという事態が起きる」

 高齢の親に中年の独身の子供という世帯が増えているだけに、こういうケースは珍しくなくなると予想される。

 子に配偶者がいればこんな展開になる。創業者の親がやり手の娘に会社と財産を継がせたものの、親が長生きしている間に先立たれた。孫がいなければ遺産の4分の3は娘の夫が相続し、創業者の親には4分の1しか法定相続権がない。

「さらに娘の遺産を相続した娘婿が亡くなれば、その遺産は婿の実家の両親や兄弟に渡ります。娘に兄弟姉妹がいても相続権がない。遺産を1円ももらえなかった長女の兄弟たちが『婿の実家に財産が奪われる』と騒ぎだして骨肉の争いに発展することさえあるでしょう」(同前)

※週刊ポスト2018年12月14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。