マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

スマホ全盛時代に電子辞書が意外な人気 支持される3つのワケ

2019年2月5日 15:00 マネーポストWEB

しっかり勉強するならアプリより電子辞書?
しっかり勉強するならアプリより電子辞書?

 スマホの台頭の裏で影が薄くなりつつあった電子辞書がいま、売り上げを伸ばしている。一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)によれば、2018年上半期の電子辞書の国内向け出荷金額は142億9400万円で、前年同月比108.6%と好調だ。一体なぜなのか。

「一つは使用者の低年齢化が進み、新たなユーザー層の開拓が進んでいること」と量販店関係者は話す。背景にあるのは、2020年に施行される新学習指導要領だという。

「新学習指導要綱への移行期間として、すでに小学校では外国語に親しむための活動が始まっています。受験生や社会人向けといったイメージがあった電子辞書ですが、メーカーも商機とみてここ数年、小学生向けモデルに力を入れています。電子辞書の使用を推奨している学習塾もあり、プレゼント用途はもちろん、親子で一緒に見に来られるケースも増えました」

 親世代では、まだまだ紙の辞書を使っていた人が多く、電子辞書を使用しても白黒というイメージがあるようで、売り場に来てその進化に驚く声が多いという。

「いまやカラー高精細液晶は当たり前で、文字や写真が見やすくなっています。小学生低学年向けでは、ローマ字入力が苦手のお子さんにも操作が容易なカシオの『かな入力モデル』が人気。小学生向けといっても、機能は侮れません。文字にマーカーを引けたり、辞書に付箋を貼ったり、画面に手書き文字を書き込むこともできます。もはや使用感は紙に近い。感動の声をあげる親御さんも少なくありません」(同前)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。