マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

医療保険の落とし穴 いざという時に給付金が支払われないケースとは

2019年2月27日 15:00

 手術の方法によって支払われないケースもある。保険に詳しいファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんもこう話す。

「医療技術は日進月歩で進みます。そのため、昔に加入した古い医療保険の場合、カバーされない治療もあります。たとえば、心筋梗塞の治療などに用いられるカテーテル手術は、30年程前は存在していないため、手術給付金が支払われないケースもあります。逆に、レーシック手術は少し前の保険では手術給付金が出たのに、最近の保険では支払われなくなっています。契約書類や約款に定められているので、加入時に確認するのが賢明です」

 ほかにも、加入前からの持病が悪化して入院した場合の給付金は下りない。たとえば、もともと患っていた腰痛が悪化して入院したケースだ。最近は、「持病があっても入れる」保険もよく見かけるが、その分保険料は割高のため、注意が必要だ。

※女性セブン2019年3月7日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。