マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

会ったこともないのに… ネットの「いきなりタメ語」に戸惑う人々

2019年3月25日 16:00

 一方で、タメ口を一つの“バロメーター”として、危機回避にうまく活用している女性もいるようだ。マッチングアプリをよく利用するという、アパレル業界で働く20代のBさんの話。

「『こんにちは! 〇〇っていいます。会社員です。そっちは何してんの? 趣味も教えてよ』など、なぜか最後のほうだけ突然タメ語になっているメッセージを送ってくる人が結構います。先日初めて会った人も、話している時は別に普通に“です・ます”調だったのに、LINE上ではいきなりタメ語になっていて、その馴れ馴れしさにびっくり。年上の人に多い気がしますが、一気に距離感を詰め過ぎです」

 いきなりタメ語を使われても、「やめて」とは言えないというBさん。すると相手はそれをいいことに、タメ語&“上から視線”をエスカレートさせてくる。例えば、以下のようなやりとりだ。

Bさん「そうですねー。趣味はマンガを読むとかですかね」
相手「へぇ。たまには友達と外出ろよー」
Bさん「……普通に出てますけど」
相手「そーなん?外泊もアリ?」
Bさん「ないですね」

 Bさんは、「まだお互いにどういう人間かわからないうちから外泊をぶっこんでくる精神も日本語力もすごい」と呆れた様子で笑うが、こういったメッセージは、「むしろ、ありがたい」のだという。

「見ず知らずの相手にタメ語を使うというのは、常識がなく、社会人力として疑問が残ります。マウントを取りたがるのは“抑えつける”タイプなのかなと思ってしまいます。ある意味でそういう傾向を自分からアピールしてくれるのは、“ふるい”にかける目安としてありがたいんです」(Bさん)

 オンライン上でのコミュニケーションとはいえ、人と関わるからには最低限の礼儀が必要。相手によっては警戒されても仕方ないのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。