マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

夫婦で得する令和の年金術 判断を誤らないポイントは

2019年5月9日 15:00

夫が第3号になれば3年で60万円得になる

 年金制度にはいわゆる「第3号」があるが、これは、夫の厚生年金に加入し、年金保険料を支払わずに基礎年金部分をもらう妻、という解釈が一般的だ。だが、「第3号といえば妻」という思い込みで得する機会を逃してしまうことがある。

 たとえば、夫が定年を前に57歳で退職し、妻はフルタイムで働いている家庭の場合。ここで「夫が妻の扶養に入る」と、60歳までの間、国民年金の保険料を払わずに、年金加入期間を延ばすことができる。仮にその3年間、国民年金の保険料を払うと約60万円の負担になる。

 妻の厚生年金加入要件が広げられることを逆手に取る考え方である。「第3号」の制度が存続している間は、得する選択肢として認識したい。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。