マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「やよい軒」おかわり有料化の波紋、定食チェーンのおかわり事情

2019年4月28日 13:00

定食チェーンでの「おかわり自由」は当たり前ではない

 やよい軒以外の定食チェーンでは、ごはんのおかわりや大盛はどういったシステムで提供しているのだろうか。それぞれ店舗によってサービス内容や価格は異なるが、有名定食チェーンにおける大まかなシステムは以下の通りだ。

・大戸屋→ごはんの大盛は無料。
・めしや宮本むなし→ごはんおかわり自由。
・まいどおおきに食堂→店舗によって異なる。大盛り無料の店舗も多数。
・ザめしや→ごはん(小):130円、ごはん(中)162円、ごはん(大):195円(以上税込)。
※「まいどおおきに食堂」と「ザめしや」は、自分でおかずを選ぶシステム。ごはんは単品メニュー扱い。

 めしや宮本むなしはおかわり自由となっているが、それ以外の定食チェーンでは、おかわり自由とはなっていないケースが多い。

「個人経営の定食店であれば、おかわり自由は珍しくないのですが、定食チェーンとなるとおかわり自由は当たり前のシステムではないということ。そういう意味では、やよい軒のおかわり自由システムは、消費者にとってとてもありがたいものです。その一方で、そもそもおかわり自由は当たり前ではないのだから、やよい軒としても、おかわり自由を続けるには、それ相応の努力が必要だということでもあります」(小浦氏)

 ちなみに、居酒屋のランチ営業ではごはんのおかわり自由というチェーンも少なくない。『テング酒場』や、日替わり定食を500円で提供する『さくら水産』などは、ランチの定食メニューでのおかわり自由を実施している。

「居酒屋のランチは、店舗の稼働時間を長くすることにくわえ、夜の営業のための宣伝といった意味合いもあるので、多少サービスしてくれていると考えられます。ランチの営業時間が限られているということも、おかわり自由をやりやすい理由のひとつでしょう」(小浦氏)

 定食チェーンではないが、とんかつの『和幸』、牛タンの『ねぎし』、『ステーキのくいしんぼ』などといったチェーン店でも、ごはんのおかわり自由を実施している。

「これらの場合は、そもそもの単価が高めということもあって、おかわり自由という形でサービスをしているという側面もあるでしょう」(小浦氏)

 やよい軒のように安価の定食メニューで終日おかわり自由にするということは、コスト的にも決して簡単なことではないだろう。しかし 当たり前ではないからこそ、消費者に喜ばれるやよい軒のおかわり自由サービス。今回の有料化実験の結果を受けて、果たしてどのような判断がなされるのか、注目が集まる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。