マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

高齢者のがん検診 過剰な検査でかえって命縮めることも

2019年5月11日 7:00 週刊ポスト

 しかし、東大病院老年病科の研究(2012年)によると、70歳以上75歳未満の高齢者で6種類以上薬を飲んでいると副作用を起こす割合が10~15%にまで高まることが分かっています」(池袋セルフメディケーション社長で薬剤師の長澤育弘氏)

 とくに負担がかかるのが肝臓だという。

「薬を代謝する肝臓の機能は20歳をピークとすると、70歳時にはその6割、75歳だと5割にまで落ちている。その分、副作用が出やすくなるだけでなく、薬を飲みすぎることで肝臓に負担がかかり、さらに肝機能が落ちていく。“よく効いて眠れるから”といって睡眠効果のある薬を飲み、ふらついて転倒事故を起こすケースも多い」(同前)

 もし自分が薬を多く処方されているようなら、医師や薬剤師に相談しよう。

※週刊ポスト2019年5月17・24日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。