マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

スマホのアラームを目覚ましに使っている人たちのトホホな失敗談

2019年5月24日 15:00

 始発電車に飛び乗り、早朝出社することで事なきを得たというBさん。だが、これを機に、朝起きられない根本的な原因を見つめなおした。なかなか起きられないのは寝る前にスマホをいじる習慣に原因があったのではないかと反省し、“脱スマホ”を進めることにしたという。

「ついつい寝る前にスマホでTwitter閲覧やアニメ鑑賞をしてしまうんです。夜更かしの原因になっているうえ、ブルーライトの影響で寝付きが悪くなるという話も聞き、ついぞ使わなくなっていた目覚まし時計を買うことに。光と音で起こしてくれる目覚まし時計を購入し、意識的にスマホを触らないようにしたら、眠りやすくなったし、起きやすくなった印象です」(Bさん)

 アラームが聞こえていたのに起きられないケースではなく、そもそも聞こえなかったという苦い経験を語ってくれたのは、20代女性会社員のCさんだ。

「テレビをつけっぱなしにして寝落ちしてしまったようで、スマホのアラームが聞こえないという悲劇に見舞われました。設定した音が小さかったのもありますが、予想外すぎてびっくりしました」

 Cさんの悲劇はそれだけでない。スマホの充電切れでアラームが鳴らないこともあった。

「起きたら勤務開始時間の9時……。それ以来、目覚まし時計との二刀流で万全を期すようになりました」(Cさん)

 便利だからといってデジタルに頼りすぎても、意外な落とし穴に陥ることもあるようだ。起きやすさは人それぞれ違うが、心当たりがある人はアナログへの回帰や両立も検討すべきかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。