マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

漫画を読むならアプリか電子書籍か ユーザーが語るそれぞれのメリット

2019年6月17日 15:00

漫画をスマホで読むのも当たり前の時代に(イメージ)
漫画をスマホで読むのも当たり前の時代に(イメージ)

 マンガアプリの利用が拡大している。インプレス総合研究所が発表した「電子書籍ビジネス調査報告書2018」によれば、無料マンガアプリの利用率は28.4%。2017年度の広告市場規模は100億円で、2018年度は1.2倍の120億円程度に達すると予測されている。

 基本は、毎日一定話数や時間は無料で閲覧できるが、それを超過して閲覧するためには課金が必要となるケースが多い。

 30代の男性会社員・Aさんは、月に1万円ほどマンガアプリに課金している。学生の頃は週刊マンガ雑誌を愛読していたが、現在ではアプリに完全に移行した。

「今では月に最低20冊分は課金していて、学生時代より大量の漫画を読むようになりました」(Aさん)

 Aさんのアプリ内の“本棚”機能には人気作がずらりと並んでいる。リアルコミックは、数冊そろえることで背表紙が一枚絵になる作品に限っては購入するが、それ以外はアプリを使うようになったという。

「飲みに何回か行ったり、どこかに出かけたりすることを考えると、圧倒的に安い趣味。雑誌や単行本だと場所をとるのがイヤで、買わずにネットカフェに行くこともありましたが、読み切れなかったり、もう一度読み返したい時なんかもありました。でも、アプリだとそういった問題はゼロ。もうやめられません」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。