マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

高止まり続くマンション市場、「消費増税」を機に潮目の変化も

2019年7月16日 7:00

今後のマンション市場の動向は?

今後のマンション市場の動向は?

 近年、分譲戸数が減少し続けている新築マンション市場。売れ行きが停滞している一方で、価格の高止まりは解消されていない。不動産の市況調査を手がける東京カンテイ市場調査部の井出武・上席主任研究員は、現在の状況を以下のように説明する。

「新築マンションに関しては大手デベロッパーの寡占化が進んだ結果、たとえ売れなくても簡単には値下げしないというのが現状です。とりわけ財閥系のデベロッパーはビル業が好調で、マンションの売れ行きが鈍ってもダメージは少ない。その他にもホテルや物流関係、海外での事業も多く、不動産業というトータルで捉えると、大手デベロッパーにとってマンションは主力商品ではなくなってきているのかもしれません」(井出氏、以下同)

 大手デベロッパーの寡占化による市場の鈍化は、数字にも明確に表れている。今年1月から5月までの首都圏の新築マンション分譲戸数は5085戸(東京カンテイ調べ)。近年最低の水準だった昨年の同期間が7086戸、年間で2万3201戸だったことを考えると、その少なさは一目瞭然だ。一方で平均坪単価は315.8万円と、昨年を上回るような高価格で推移している。

「このままのペースで進むと、最終的な分譲戸数はバブル崩壊直後の1992年以来の少なさになるのでは、という予想もあります。そんな状況であっても、先に申し上げた通り体力のある大手デベロッパーの比率が高いため、そう簡単には値下げ競争をするような流れにはならないでしょう。安売りせずに物件の供給戸数を抑え、5年、10年という長いスパンで売り続ける算段なのだと思います」

 東京オリンピックに関する建設事業や各都市で進む再開発、リニア中央新幹線をはじめとしたインフラ整備などの要素によって、首都圏では建設コストも依然として高い状態が続いている。そんな中、10月に予定されている消費増税は市場にどのような影響を与えるのだろうか。井出氏は「やはり10%という大台は心理的ハードルを高くする」と指摘する。

「昨年の後半ごろから実需が停滞しており、世帯収入が1500万円を超えていたパワーカップル層にも動きがない。住宅マーケット全体が勢いを失っているだけに、結果的に消費増税が販売価格を下げるバイアスとして働くのではないでしょうか」

「不動産」関連記事

【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。