マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「子供の教育費」いつ、いくら必要か この夏こそ計画を

2019年7月20日 11:00

大学進学後の費用は?

 中学・高校の教育費は現在の収入でやりくりできていたとしても、大学や専門学校に進学するとなれば、厳しくなることも考えられるでしょう。

 進学先が国公立か私立か、また自宅から通うか一人暮らしをするかで、必要な費用は異なります。大学4年間の総額で、国公立で自宅から通う学生でも約520万円、私立文系で自宅から通う学生だと720万円、一人暮らしをするとそれに加えて約280万円かかるという調査結果もあります。医学部など専攻によっては3000万円近く必要なケースもあります。特に学費については、なんとなく「私立は高い」といったイメージしか持っていない方も多いと思いますが、大学により千差万別なのが実態です。受験シーズンになる前に、調べておいたほうがいいでしょう。

 奨学金を利用するつもりなら、早め早めの準備が必要になります。日本学生支援機構の奨学金を4月から受けたいのであれば、高校在学中から「予約採用」と呼ばれる手続きが必要です。進学後に奨学金の手続きをした場合(在学採用と呼ばれます)、支給が遅れる場合があります。予約採用は在学中の学校(つまり高校)を通じて手続きすることになっています。検討しているなら、早めに学校に手続のスケジュールを確認しましょう。

 また、予約採用の手続きをしても、奨学金は進学後にしか受け取れません。受験費用・入学金などは別途用意する必要があります。

 高校2~3年生のお子さんがいる場合は、親にとってもこの夏はお金を準備するという意味で勝負どころになるのではないでしょうか。ぜひ夏休みを利用して、計画を立ててみてください。

◆しみず・あや/CFPR、1級FP技能士、住宅ローンアドバイザー、証券外務員I種。30歳でファイナンシャル・プランナーとして独立、長野・東京で活動中。主に30~40代の「普通のくらし」を求めている方への「自分がお客様の立場だったらどういう判断をするか」を軸にお金の持ち方・つかい方のアドバイスに力を入れている。ライフプラン作りから資産運用まで老後にわたる継続的なサポートすることを事業理念として活動している。HPはhttp://www.fp-saku.com/。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。