マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「缶チューハイ片手に街を歩く人たち」はどうして家で飲まないのか聞いてみた

2019年7月30日 16:00

夏になると街でよく見かけるが…(イメージ)
夏になると街でよく見かけるが…(イメージ)

“買ってそのまますぐ飲める”のがウリのチューハイ、カクテル、ハイボールなどの缶入りアルコール飲料は、昨今の「家飲み嗜好」を受け、年々人気となっている。今年、サントリーが発表した調査によれば、2018年の缶入りアルコール飲料は過去最大となる2億ケースを出荷。今年はさらなる成長が予測されており、市場の拡大が見込まれている。

 一方で、夏になるとやたらと見かける機会が増えるのが、缶チューハイを片手に街を歩きながら、「外飲み」している人々。なぜ外で飲んでいるのか、なぜ家に帰って飲まないのか。その理由を聞いてみた。

誰にも邪魔されない「自分の時間」が欲しい

 40代の男性会社員・Aさんは、妻子とともに都内の一軒家に暮らしている。暖かい季節になると、月に2回ほどの頻度で、最寄り駅から数駅先の駅で降車。駅前のコンビニで缶チューハイを購入し、自宅まで歩きながら帰るという。

「もともとはポケモンGOがきっかけで、深夜に歩き回るようになりました。暑いから喉も渇くし、お酒を飲みながらの方が楽しめるかなと思い、缶チューハイを買うように。冷たいアルコールが美味しい季節ですし、仕事を忘れて、家族からも離れて、自分一人で考える時間が出来るのが魅力です」(Aさん)

 歩きながら考えるのは、仕事や家族旅行の予定など、忙しい日々の中でなかなか時間を取りにくい内容だという。さらに寄り道をすることもあれば、近所の公園のベンチに座って過ごすこともあるという。自宅で待つ家族は、大黒柱の「深夜の街歩き」について知っているのだろうか。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。