マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「再雇用」「年金」、あなたの老後資産を守る法律知識

2019年7月30日 16:00

老後資産を守るための法律知識とは(六法全書)

老後資産を守るための法律知識とは(六法全書)

 定年後の暮らしにはトラブルがたくさん潜んでいる。“老後資産2000万円不足”に代表される「お金」の問題だけでなく、健康や家族関係、犯罪被害など数々のリスクが存在する。そんな時、自分を守るための最大の武器になるのが“法律”だ。

 これから60代を迎える人も、すでに定年後生活に入っている人も、ちょっとした法律知識があるかどうかで、“長い老後”が天国にも地獄にもなる。

 人生100年時代は定年後もなるべく長く働くのがセオリーだ。2013年に改正法が施行された高年齢者雇用安定法では、希望者に対し、原則、年金受給開始年齢の65歳まで働けるようにすることを企業に義務付けている。60歳定年時に、「65歳までの継続雇用」などの選択肢を示されなければ“不当なリストラ”といえる。

 ただ、雇用は確保される一方で、明治安田生活福祉研究所の調査によると、定年後の継続雇用で、給料が定年直前の50%未満に減少している人は4割に上る。

 2014年、定年後に非正規で再雇用された男性が、仕事内容が同じなのに正規雇用に比べて賃金が3割近く低いのは違法だと提訴したが(長澤運輸事件)、昨年6月に最高裁は賃金引き下げは合法との判決を下した。

 だが、定年後の賃金減の補填はできる。社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの北山茂治氏が説明する。

「雇用保険法(61条)により、いわゆる失業保険の手続きをせずに再雇用・再就職した場合は『高年齢雇用継続基本給付金』が、手続きをして再び職を得た場合は『高年齢再就職給付金』がもらえます(*注)。

 定年前に比べて賃金が75%未満に下がったら最高で毎月の賃金の15%が支給されます。違いは受給期間で、『継続基本給付金』は65歳の誕生月まで、『再就職給付金』は最大2年です。手続きは勤務先の企業に申請するだけで、給付金は非課税になる」

【*注/雇用保険の被保険者期間が通算5年以上の加入歴がある60歳以上65歳未満の労働者】

 例えば、60歳の定年時に月給30万円だったのが18万円(60%)に下がり、『継続基本給付金』が受け取れる場合、5年間で162万円になる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。