マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

「再雇用」「年金」、あなたの老後資産を守る法律知識

2019年7月30日 16:00

「働くと年金が減らされる」から解放される方法は?

 定年後も仕事を続ける選択をした場合に直面するのが、厚生年金保険法(46条および附則)で定められた在職老齢年金だ。社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの北山茂治氏が説明する。

「働きながら年金を受け取る場合、65歳未満の人は『給料と年金の合計』が月額28万円を超えると、上回った分の半額が年金からカットされてしまう(65歳以上は47万円超)。働けば働くほど、年金の減額幅が大きくなってしまいます」

“働き損”を避ける術はある。法で定められている年金カットの対象は〈受給権者である被保険者〉だ。つまり被保険者(厚生年金の加入者)でなくなればいい。

「会社と相談して、社員でなくフリーランスの立場で業務委託契約などを結ぶと、いくら収入があっても年金は全額もらえるようになります。会社も社会保険料の事業者負担分を大幅に圧縮できるので、認めるメリットはあります」(北山氏)

※週刊ポスト2019年8月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。