マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

こんな家が狙われる! 空き巣に狙われないための家の対策8選

2019年8月4日 16:00

家の外の「空き巣対策」、これはダメ!

家の外の「空き巣対策」、これはダメ!

 帰省や旅行など、出かける機会の増える夏は、犯罪が急増する季節でもある。心配なのは、留守中の空き巣だろう。犯罪者が嫌うのは、人の目・時間・光・音だという。防犯アドバイザーの京師美佳さんが解説する。

「空き巣犯への聞き取り調査で、侵入を断念した理由で最も多かったのが、『近所の人にじろじろ見られた』でした。ご近所づきあいがあると、異変を察してもらいやすくなります」(京師さん・以下同)。

 また、多くの犯人は下見で生活状況や家族構成を調べ、狙った家の近隣もまわって、より入りやすい家を探している。

「在宅を装ったり、安全に気を配っている印象を与えて、狙われない家づくりを」

 図は狙われやすい家の例だ。

【1】高いブロック塀などで中が見えにくいよう囲われている
【2】表札はフルネーム、郵便受けには郵便物がいっぱい
【3】雑草が伸び放題、古い植木鉢が散乱している
【4】ガスメーターに謎の暗号がある
【5】車で外出時、車庫が空っぽになっている
【6】夜になっても照明がつかない
【7】上の階の窓が無施錠
【8】家の外壁近くに高い木や雨どいなど、足場になるものがある

 それでは、具体的な安全対策はどうすればよいか。実際の被害事例を踏まえて、京師さんが解説する。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。