マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

留守電やカレンダーに要注意 空き巣に狙われないための室内対策6選

2019年8月8日 15:00

室内の「空き巣対策」、これはダメ!
室内の「空き巣対策」、これはダメ!

 帰省や旅行など出かける機会の増える夏、心配なのは留守中の空き巣。犯罪者が嫌うのは、人の目・時間・光・音だというが、被害を未然に防ぐにはどうすればよいか。

 家の外側の対策であれば、表札や郵便物の情報をシャットアウトする、庭の雑草は伸ばさない、家の周りに書かれた文字は消す、車を使う時は車庫の中央に物を置いておく……などが挙げられる。ただし、それだけでは不十分。家の外側だけでなく、室内でも対策をとる必要がある。

 たとえば室内が図のようになっていると、空き巣に狙われやすいという。

【1】ドアスコープが無防備
【2】留守電のメッセージが「ただ今、留守です」
【3】玄関に女性用の靴だけが出ている
【4】カレンダーで家族の予定を共有している
【5】物が多く、把握しきれていない
【6】外出時は貴重品をすべて持ち出す

 それでは、具体的な安全対策はどうすればよいか。実際の被害事例を踏まえて、防犯アドバイザーの京師美佳さんが解説する。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。