マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

必ずしも安いわけではない「牛たん専門店」が女性客を魅了するワケ

2019年8月18日 13:00 マネーポストWEB

焼肉店に比べると意外とコスパがいい

ねぎしの『しろたんセット』(とろろ抜き、お新香をサラダに変更)
ねぎしの『しろたんセット』(とろろ抜き、お新香をサラダに変更)

 たとえば、『ねぎし』の定番である『しろたんセット』は、柔らかい厚切りの“白たん”3枚(6切)、麦めし、とろろ、テールスープ、お新香のセットで1650円(税込み、以下同)。『ねぎしセット』は、薄切りの白たん5枚と麦めし、とろろ、テールスープ、お新香で1400円。『利久』の定番である『牛たん定食』は牛たん焼き3枚6切、麦飯、テールスープ、小鉢で1782円となっている。

「メインとなるおかずが“牛たん6切”というのは、いわゆる“ガッツリ系”の定食と異なるベクトルであることは確かです。でも、だからこそカロリーに敏感な女性に人気が高いのでしょう」(小浦氏)

 30代の女性会社員Bさんは、『ねぎし』でこだわりのオーダーをするという。

「私がよく注文するのは『しろたんセット』のとろろ抜き(50円オフ)、お新香をサラダに変更(+150円)です。サラダのチョレギドレッシングがおいしいんです。あと、『ねぎし』では麦めしがおかわり自由なので、お腹が空いているときは、とろろを残して、2杯くらいおかわりします」

 自分は大食漢だという30代の女性会社員Cさんは、牛たん専門チェーンについて、「意外とコスパがいい」と話す。

「ボリュームの点で物足りなさはありますが、この価格でこれだけおいしい牛たんを食べられるのはむしろ安い。それなりの焼肉店で上たんを頼むと、1人前で1000円くらいはする。でも専門店で出てくる牛たんは、焼肉店の上たんよりおいしいと思います。焼き方も上手だし、バリエーションもある。1500円くらいで焼肉店の上たんよりおいしい牛たんを定食で食べられるんだから、コスパは悪くないと思います」

 牛たん専門店には、専門店ならではの魅力があるようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。