マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

家で楽しめるアイスコーヒー商品比較 手軽さ、価格、味の違いは?

2019年8月24日 15:00

飲み方やライフスタイルにあわせて選べるアイスコーヒーの数々
飲み方やライフスタイルにあわせて選べるアイスコーヒーの数々

 連日のように暑い日が続く中、ついつい飲みたくなる冷たいドリンク。エアコンのきいた家の中で、ゆっくりとアイスコーヒーを味わいたい。外に出ずとも、美味しいコーヒーを手軽に安く……。そんな都合のいいコーヒーはないものか。

 アイスコーヒーといえば、ポーションやボトル、カフェのパックなど様々なタイプが販売されている。作りやすさはもちろん、味や1杯あたりの価格も重視したい。定番から新作まで、6つの商品の中から総合的にコスパが良いものはどれなのか、マネーポスト記者が比較した。

「UCC 職人の珈琲 無糖」930ml 127円(価格はすべて税込)

UCC 職人の珈琲 無糖
UCC 職人の珈琲 無糖

 スーパーやコンビニなどでよく見かける大定番商品。すでに冷蔵庫に入っているという人も多いかもしれない。気になるコスパは、1本で約6.6杯分(※以下、コーヒー1杯140mlとして計算)、1杯あたり約19.2円でかなりお得。味のほうは、味わい深さや香りはシンプルなコーヒーといったところで、がぶがぶ飲みたい人にはいいだろう。

「ブレンディ ポーションコーヒー」無糖8個 192円

ブレンディ ポーションコーヒー

 水や牛乳に溶かすだけで、簡単にアイスコーヒーやカフェオレがすぐに作れるポーションタイプ。常温保存が可能なうえ、1杯ごとに使えるので手軽さは抜群だ。1杯あたり24円とお手頃価格なのも魅力。味はさっぱりしていて、飲みやすい。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。