マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

往復4時間の苦労とメリット 私たちが「遠距離通勤」を選んだ理由

2019年9月24日 7:00

あえて通勤に片道2時間かける理由とは(イメージ)

あえて通勤に片道2時間かける理由とは(イメージ)

 NHK放送文化研究所の「国民生活時間調査」(2016年)によれば、職場との往復の平均通勤時間は1時間19分。都市別で見ると東京圏が1時間42分と、突出して長い傾向にある。

 日本の過酷な通勤事情は、海外のメディアでも紹介されるほどだが、一方で、わざわざ平均の倍近い時間をかけて遠距離通勤する人々も存在する。

保育園にも預けやすい子育て環境の良さ

 神奈川県鎌倉市在住の30代男性・Aさんは、共働きの妻ともども2時間以上かけて都内に通勤している。毎朝7時、市内の保育園に娘を預けるのは夫であるAさんの仕事。夕方5時半前後にお迎えにあがるのは、妻の仕事だ。

 世帯収入からすれば都内で生活することも可能なのに、なぜ、あえて長距離通勤を選んだのか。

「一番の決め手は、私の実家から近いことでした。子供が急病の時など、いざという時に親が面倒を見てくれる安心感があります。認可、不認可ともに保育園も多く、都内よりは預けやすい。妻はフレックス勤務で定時は午後3時までと、職場の理解があることも大きい。恵まれた環境だからこそ可能なことですが、長距離通勤のストレスは意外にも少ないです」(Aさん)

 Aさんは、通勤に時間をかけることで、「かえって時間の使い方が有意義になった」と語る。

「確かに毎日往復4時間かかることで疲れは溜まりますが、考えようによっては、電車内の時間を有意義に使うこともできる。スマホひとつあればニュースやさまざまな情報をチェックし、メールも返信できる。周囲も私の家が遠いことを理解してくれているため、職場の飲み会も一次会で帰れることがほとんど。ダラダラと2次会、3次会に参加することもないので、都内で一人暮らしをしていた時よりも早く帰れているのではないかと思います」(Aさん)

「不動産」関連記事

【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。