マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

包丁や食器を処分するタイミング カケはその後に割れるサイン

2019年11月6日 15:00 女性セブン

食器類は高台がかけていたり、シミが落ちないものは、処分のサイン
食器類は高台がかけていたり、シミが落ちないものは、処分のサイン

 なかなか替え時が判断しにくいのが、毎日使うキッチン用品の数々。早めに買い替えたりしたほうがよいものがある反面、メンテナンスをすれば長く使い続けられるものもある。

 たとえば、切れ味が悪くなった包丁は、研いでよく切れるようになればOK。質のいい包丁の場合は、プロの研ぎ師に手入れしてもらえば、長く使い続けられる。ラク家事アドバイザーの島本美由紀さんが語る。

「安い包丁の場合、刃が欠けたり、簡易シャープナーで研いでも切れ味が戻らなければ、思い切って買い替えましょう。キッチンばさみは、折り畳んだアルミホイルを数回切ると切れ味が戻ります。それでも戻らないようなら交換が必要ですね」

食器類は裏側のカケた部分もチェック

 割れたり、ヒビが入った食器類は処分の対象だ。整理収納アドバイザーの要めぐみさんがアドバイスする。

「裏側に小さな“カケ”ができたものは、手に持った時にけがをすることもあります。また、その後に割れる可能性がある、というサインでもあるので、処分した方がいいですね」(要さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。