マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

キャッシュレス決済、専門家の一押しは「モバイルSuica」

2019年11月26日 16:00

ポイント三重取りで年間2万円の節約も可能(イラスト/カツヤマ ケイコ)

ポイント三重取りで年間2万円の節約も可能(イラスト/カツヤマ ケイコ)

「キャッシュレス決済でポイント還元」──消費増税も手伝って、政府も決済サービス業者もこぞってキャンペーンを実施。郵便局の窓口でも、2020年2月からキャッシュレス決済が導入される。驚くべきは、来年のお年玉付き年賀はがき。1等賞品は「現金30万円」か「電子マネー31万円分」。明らかに電子マネーの方がお得なのである。

 電子マネーとはその名の通り「電子化されたお金」。決済は、スマホに表示されるQRコードをスキャン、あるいはスマホをレジにかざすだけで、簡単に完了。さらに「ポイント還元」という仕組みにより、買い物すると自然に得をするようになっている。

 この「ポイント」で得する必殺技が「三重取り」。電子マネー決済において、ポイントが付与される機会は、(1)買い物の決済時、(2)対象クレジットカードから決済アプリへの入金(チャージ)時、(3)政府のキャッシュレス・ポイント還元事業対象店を利用した時の3回ある。つまり、対象店での購入時に決済アプリを使い、チャージはアプリと相性の良いクレジットカードで行うことで、ポイントの三重取りが可能だ。

 ポイント情報サイト「ポイ探」代表の菊地崇仁さんは「多くの電子マネーを併用するとポイントが中途半端になってしまうので、1~2つに絞るのがコツです」と話す。

 菊地さん一押しの決済サービスは「モバイルSuica」だという。

「ビューカードでチャージすれば1.5%のポイント還元が受けられます。そもそもSuicaはJR東日本の交通系ICカードですが、使える店は全国の広範囲をカバー。生活の中で効率よくポイントを貯めることができます」

 可能な範囲ですべてモバイルSuicaを利用して、1.5%の還元を受けたと試算すると、年2万円は最低でも浮かすことができる。1.5%というとわずかだと感じるかもしれないが、“ちりつも”の大きさは計り知れない。次にオススメの決済サービスは「d払い」か「楽天ペイ」だという。

「d払いにはdカード、楽天ペイには楽天カードを紐付けて決済すれば、両者とも1.5%がポイント還元されます。dポイントはローソン、楽天スーパーポイントは楽天市場など使い道が多い。また、ポイント端数と現金の併用が可能なのも魅力的です」(菊地さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。