マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「老親リスク」減らす8つの手法 オレオレ詐欺、火災、自動車事故等

2019年12月6日 7:00

離れて暮らす老親の生活をどう守るか(イメージ)
離れて暮らす老親の生活をどう守るか(イメージ)

 少子高齢化の時代、ひとり暮らしの高齢者は増える一方だ。単身生活をする65歳以上は、1980年には男性約19万人、女性約69万人だったが、2015年には男性約192万人、女性約400万人となった(内閣府「平成29年版高齢社会白書」より)。高齢化が進む中、この傾向が加速するのは確実だ。

 孤独死、不慮の事故……。遠く離れた実家でひとり暮らす親が心配で仕方がないという人も多いのではないだろうか。

 そんな場合に利用したいのが、高齢者の生活を守るサービスやグッズだ。代表的なのが、定期的に安否を確認してくれる「見守りサービス」だ。

 日本郵便の「みまもり訪問サービス」(月額2500円税抜き・以下同)は全国で利用できる。月に1回、郵便局社員が直接訪問し、30分ほど利用者の生活状況について確認する。その内容は、家族が指定したメールアドレスに報告される。

「HOME ALSOK みまもりサポート」のコントローラ
「HOME ALSOK みまもりサポート」のコントローラ

 警備会社のALSOKにも「HOME ALSOKみまもりサポート」(月額費用1700円~)がある。体調が悪いときにコントローラー(非常通報装置)を押せば、最寄りのガードマンが自宅に急行する。相談ボタンを押せば看護師常駐のALSOKヘルスケアセンターにつながり、健康相談も受けられる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。