マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

最大5000円還元のマイナポイント制度、重要な「マイキーID」の作り方

2020年1月12日 15:00

マイナンバーカードの使い方が広がる
マイナンバーカードの使い方が広がる

 住民票がコンビニエンスストアのマルチコピー機で取れるなど、さまざまなメリットがあるマイナンバーカード。しかし、発行に手間がかかるせいか、現在、国民の約14%しか持っていない。

 そこで政府は、キャッシュレス決済普及とマイナンバーカード普及のため、今年9月からマイナンバーカードのID(以下、マイキーID)と、キャッシュレス決済サービスをひもづけてからキャッシュレス決済をすると25%のポイントが還元される方向で検討を進めている。ポイント還元の上限は5000円分の予定。最大2万円の買い物で5000円分のポイントが付与されるとみられている。

「現状、ひもづけられる決済は、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Suica、nanacoなどが検討されているようです」(ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さん)

 ただし、マイナポイントをゲットするには、準備が必要。まずはマイナンバーカードを作ったうえで、「マイキーID」を設定する。キャッシュレス決済のアプリにマイキーIDなどを登録したうえで買い物をすれば、ポイントがもらえる。ポイントは、スーパーなど、キャッシュレス決済が使える店で消費できる見込み。

マイキーIDの作り方

 マイナンバーは、全国民に割り振られており、すでに各自に郵送されている「通知カード」に番号が記載されている。マイナンバーカードとは、申請しないと発行されない顔写真入りカードのこと。このカードは、郵送はもちろん、スマホやPC、証明写真用写真機から申請でき、約1か月でカードの引換券が送られてくる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。