マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「月48万円問題」対策の節約術 エアコンは1℃下げれば1170円お得に

2020年1月9日 15:00

エアコンの温度は上げるよりも下げる方がお得に(イラスト/カツヤマ ケイコ)
エアコンの温度は上げるよりも下げる方がお得に(イラスト/カツヤマ ケイコ)

 2019年12月5日に労働組合の京都総評が発表した「月48万円問題」が話題を呼んでいる。

 傘下の組合員や家族にアンケートを取り、生活実態と所持品を調べて“普通の生活”の費用を算出した結果、夫婦と子供2人の家族が京都市内で暮らした場合、30代なら税・社会保障費込みで月48万6900円が必要だと判明したのだ。また、40代なら54万9800円、さらに50代では70万7500円が必要だという。

 この時、子供は私立幼稚園で小中高は公立、親が50代の時、長男が地元・京都市内の私立大学に進学するという想定だ。住まいは43~50平米の賃貸マンションで、家賃は6万1000~6万7000円というから、特に贅沢しているわけでもない。ごく一般的な家庭をモデルにしている。

 こんなにかかる生活の出費を抑えるにはどうすればいいのか。まずは簡単にできる節約術から、すぐにでも始めたい。

エアコンの設定温度を1℃下げる

 夏には「室温を28℃に」とさんざん言われてきたエアコン。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんは、「実は冬の方が大きな節約になる」と話す。

「暖房の設定温度を21℃から20℃に下げるだけで1シーズン約1170円の節約に。夏の冷房を27℃から28℃にする場合は1シーズン約670円なので、夏に1℃上げるよりも約500円もお得です」(花輪さん)

 さらに、暖房をつける時間を1時間短縮すれば、約900円も節約できる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。