マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年23万円節約の例も 家計簿アプリが収入と支出を「見える化」

2019年12月7日 15:00

風呂内さんが注目する家計簿アプリ4選

風呂内さんが注目する家計簿アプリ4選

 個人資産管理ツールなどを手がけるマネーフォワードによると、女性の7割以上が「家計簿に挫折した経験がある」という。電卓を叩く必要もなくお手軽な無料のアプリを使うのも手だ。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが話す。

「家計簿アプリは、スマホで入力できるため、通勤中の電車の中でも記帳できます。さらに、レシート撮影で入力できるものも多く、クレジットカードや銀行口座と連携させれば、お金の流れが一目でわかります」

 不動産の評価額や年金(確定拠出年金)のデータを取得できるものまである。風呂内さんが特にオススメする4つのアプリとその特徴をまとめ別表に掲載した。

「収入と支出が一括管理されることで、手書きではわかりにくかった『何にいくら使ったのか』『いくら節約できたか』が見える化され、節約につながります。実際にアプリを使うとより支出を意識するようになるので『これを買っていいのかな?』という視点が自然と身につきます」(風呂内さん)

 家計簿アプリを始めただけで、月約1万9000円、年間で約23万円も節約できたというケースもあるという。そのためには、貯蓄額をベースに、支出の内訳の割合を算出しておくといい。

「収入によっても変わりますが、たとえば、『子供が成人するまでは貯蓄は収入の5%程度を目指し、成人したら収入の30%に増やす』などが考えられます。よく『家賃は収入の3割』といいますが、加えて保険料や光熱費、通信費などの固定費は20%、残りの20~45%を食費や交遊費などの変動費にあてる。食費は収入の15%程度が目安です」(同)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。