マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

1ぱち、5スロ… 低貸しで遊ぶユーザーの「負けて当たり前」の心理

2020年1月26日 16:00

 しかしBさんは、時間があまりない時にこそ5スロを打つのだという。

「5スロの場合、勝ったところで金額も大したことないし、逆に5スロでたくさん出玉を得てしまうと、“これが20スロだったら、もっと勝てたのに……”となんだか逆に損をした気分になってしまう。だから、むしろ長く打ちたくないという気持ちもあるんです。

 それでも、時間が微妙にあって、なんとなくパチスロを打ちたい……というときに5スロを打つんです。そもそも5スロで勝とうなんてあまり思っていないし、本当に時間つぶしでしかない。どうしてもやめなくてはいけない時間になったら、AT(出玉が増える状態)中でもやめることさえあります」(Bさん)

勝ちにこだわる人は低貸しを打たない?

 1ぱちを打つAさんも、5スロを打つBさんも、いずれも“打ちたい”という思いはあるものの、そこまで“勝ち”にはこだわっていないようだ。それどころか、“負けて当たり前”とさえ考えていることがうかがえる。

「低貸しで遊ぶユーザーは、単純に“遊びたい”という人が多いです。機種に対する知識をしっかり頭に入れて、“勝つ”ことを目的にパチンコ店に足を運んでいるユーザーは、基本的に低貸しを打つことはないと思います。

 時間の潰し方、遊び方は人それぞれですが、5000円や1万円というお金は決して安いものではない。プラスになる可能性があるとはいえ、“負けて当たり前”という感覚でパチンコやパチスロを打つのは、少し危険な気もします」(藤井氏)

 低貸しとはいえ“お金を使っている”ということは、忘れてはいけない。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。